借金をすることに罪の意識は必要ありません。金融機関は利息をとって儲かっているし、消費者はお金を借りて人生を豊かにできているわけですから、お互いにメリットがあるのです。罪の意識を感じやすいのは、返済で苦労をすることになると家族などに迷惑をかける可能性があるからでしょう。車やマイホームなど、人生を豊かにするためにローンを組むことは、むしろ良いことです。大切なのは、返済で苦労しないように無理のない返済計画を立てることです。注意すべきなのは、ギャンブル依存でお金を借りてまでギャンブルにハマることです。収入に見合わない生活をして、生活費を継続的に借金でまかなうことも危険です。これらの行為は、破綻のリスクがとても高いので、早いうちに病院で依存症を治したり、生活レベルを収入に見合うまで下げたりする対策が必要になります。例えば借金が返せなくなって自己破産をすることになると、借金をすべて帳消しにすることになってしまいます。金融機関からすれば、貸したお金を返してもらえず、合法的に踏み倒されるわけですから迷惑極まりないですね。ここまでくるとさすがに罪の意識を感じるべきでしょう。自己破産をするとブラックリストに載ると言われていますが、これはただ単に「信用がない人」として金融機関からマークされるだけであり、法律的には罪ではありません。

借金への罪悪感

何かお金が必要になってしまった時に、お金が足りない場合には借金をして不足分を補っていく必要があります。しかし明確に返済計画を立てることなく借金をしてしまった場合には返済を困難になる場合もあります。家庭がある方などは、家族にも負担をかけてしまう可能性があるという罪悪感に悩まされることも少なくありません。そういった罪悪感に悩まされないように返済計画はしっかりとたてておく必要があります。結婚式や退職時などといったように、交際費以外のケースで借金をしてしまうケースは存在しますので、他人事とは思わずに一度しっかりと考えてみてはいかがでしょうか。金融機関からの借り入れではなく、友人などから借り入れを行う場合には、もしかしたら利子が発生しないケースもあるかもしれません。しかしそういった場合ですともし返済できない場合にはトラブルに発展して、絶交といった可能性もありますので、友人同士での貸し借りはあまりおすすめできません。お金には限りがありますし、みんなが裕福というわけではありませんので、しっかりとお財布を管理して楽しく生活しましょう。きっとお金を使わなくとも楽しめることはいっぱいありますので、楽しく生活しましょう。