借金の時効消滅は相手によって違いますし、借りた内容によっても変わってきます。それは、商法が適用されるかどうかで、期間が変わってくるからです。商法が適用されれば5年、それ以外は一般的な債務として10年であります。また、営業資金として借りれば、商事債務として5年となります。このように貸主、借り主が会社か個人か、借りた理由は何かが大きな要素となります。サラ金・貸金業者は、会社・個人両方の場合がありますが、銀行は会社です。信用金庫、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)、保証協会は、個人とされています。また借金の消滅は、貸主も催促せず借主も支払わず借りている意思表示もしなかった場合です。時効成立が中断し、振り出しに戻ることがありますので気をつけましょう。その代表的なものは、債務の承認です。借金を認めたり少しでも返済したり、支払いの猶予を申出れば振り出しに戻ります。時効が成立すれば、配達証明のついた内容証明書を送り、時効の利益を受けることを伝えて借金を消滅します。必ず相手に意思表示をしてください。これを「援用」といいます。時効が成立した後に、業者からの連絡でわずかだが支払った場合は、援用の主張ができなくなります。それがわかった上で、このような方法で支払わせようとする業者もありますので、注意が必要です。

借金地獄の始まり方

世の中には借金地獄の生活に苦しめられている方もいるようですが、地獄の生活の始まり方は様々です。借金のよくある原因としてはギャンブルです。パチンコや競馬、競輪などの色々なギャンブルがありますが、ギャンブルに負けた事によって借金をするケースが多いとされています。そしてギャンブルによる借入を膨らませてしまうパターンとして多いのが、ギャンブルによって取り戻そうという無謀な計画を持ってしまう事です。ですから借入をする際にも、「勝って返せば問題ない」という風に考えてしまうゆえに簡単に借りてしまいますし、そしてもし負けてしまった時でも、また同じ考え方で借入をするようなケースもあるようです。そして気が付いた時には返済が困難な金額まで陥っており、首の回らない状態にまで追い込まれてしまいます。連帯保証人による借金地獄に苦しむ方もいます。連帯保証人になると当事者が返済できなかったり、行方をくらました時などに保証する必要があります。時には高額の借金を突然背負う羽目になりますが、金額の大きさによって自己破産にまで追い込まれてしまうケースもあるのです。このように他人の影響によって自分の人生まで狂わされてしまい、辛い地獄を味わうケースも珍しくありません。