財産と借金のバランスを考慮する

死んだら借金の処理はどのようにすれば良いのでしょうか。身内の中で何らかの財産や借金を抱えて亡くなった人がいた場合には、そのための手続きの準備を行わなくてはいけません。身内が死んだら家族に対して相続をする権利が与えられるので、その権利をどのようにして行使するのかを決めなくてはいけないのです。基本的に、残された家族に対する財産の分配の割合に関しては民法によって決められているので、亡くなった人が遺言書などを残していない場合には法律の割合に応じて財産を分配することになります。しかし、これはあくまでも亡くなった人に分配できるだけの財産が残されていた場合に限定されます。仮に、亡くなった人が財産を残しておらず借金しか無かった場合には、安易に相続権を行使するとその借金を残された家族が背負ってしまうことになります。そのため、財産を調べて負債しか存在しないような場合にはそうした相続を放棄するように手続きをしなくてはいけません。また、相続をする際に財産と負債の両方があった場合には、負債の分を財産が上回る場合にのみそれを相続することも可能です。相続の対象には負債も含まれているという事実は忘れないようにしなくてはいけません。

借金をそのまま放棄することができる

基本的に、身内が死んだら必ずその身内に関する財産上の手続きを進めていく必要があります。残された家族に対する権利には民法上の時効が適用されるので、何もしないとその権利そのものが消滅してしまいます。また、たとえ残された財産の中に借金が含まれていたとしても負債を差し引いてまだ財産的な価値のあるものが存在しているときにはその財産に対する相続税などが課せられることになります。遺産は税金の対象となるものであるため何も知らずに手続きをしなかったり中途半端な手順を踏んでしまうとそれによって後から追徴課税を要求されたり、場合によって脱税を指摘されることになります。このような面倒なことに巻き込まれないようにするためには、借金がわかった場合に全ての権利を放棄してしまうことです。確かに、時間が経てば時効によって権利が消滅しますが権利を放棄すればその期間の中であらゆる責任から逃れることが出来ます。たとえ他の家族が権利を行使して財産と負債を継承したとしても、本人が相続を放棄していればそのことに関して権利を放棄した人が何らかの責任を取らなくてはいけないことは絶対にありません。面倒なことがあった場合には権利を捨てることも一つの手段です。