延滞した借金は完済したけど、またお金は借りられるのか

借金の支払い日に必要なお金が返済されない状態が続くことを延滞といいます。延滞は金融事故として取り扱われ、信用情報機関には事故情報として登録される種類のものです。これはつまり、この人はお金を貸す側にとっては信用できる人ではないと認定されるようなものですので、この情報が登録された時点で金融機関とおつきあいすることはかなり難しくなってしまいます。しかもこの信用情報機関の情報は、加盟している全ての金融機関が共有できるものです。したがって借金の延滞をしてしまった金融機関はもちろん、その他の金融機関と新たにローン契約を結ぶこともできなくなる可能性が高くなります。この影響はカードローンの利用な土キャッシングに関わることだけではありません。住宅ローンやマイカーローンといった日常生活に不可欠なローン契約も対象になってしまうのです。

延滞してしまったら、永遠にローンを組めなくなるのか

では一度借金の支払いを延滞してしまったら、その後は永遠に金融機関からお金を借りることはできなくなるのでしょうか。じつはそのようなことはありません。信用情報機関の情報は、一定期間が経過すれば消去されるようになっているのです。消去までの期間はそれぞれの信用情報機関ごとに異なりますが、およそ5年から7年、長い場合でも約10年ほどで事故情報は消去されることになっています。したがってこの期間が経過した後は、金融機関が信用情報を照会しても事故情報が掲載されていませんので、再びローン契約を結ぶことも可能になります。ただし延滞などの金融事故を起こした相手方の金融機関には、その金融機関独自の信用情報が存在していることがあるため、信用情報機関の情報が消去された後でも、再び契約を結ぶことは困難な可能性があります。